コンテンツ

水道 工事の施工をする際の注意点

家をリフォームしたりする時に水道 工事も必要になる場合があります。その際にトイレやキッチンなどの水回りを新しくする人も多いです。場所によっても違いますが、水回りの耐用年数は平均して約20年前後と言われています。お風呂をもっと広々させたい、キッチンを機能的にしたいなど、予算と相談しながら自分好みに施工し直したいものです。では水回りを施工する場合はどんな点に注意をすれば良いのでしょうか。費用や寿命などいくつかの注意点をご紹介します。

■トイレの施工

水道 工事の施工で気を付けたい部分にトイレがあります。トイレの寿命は長く20年ぐらいは使えます。トイレを施工し直す場合は平均で1日、早ければ半日で完了してしまいます。値段は十数万から数十万で結構かかります。トイレの施工で一番失敗する部分が実は便座のサイズです。座った時に足が浮いたり、サイズが大きすぎたり、逆に小さすぎたりなど、思ってもみなかった部分で失敗することがあります。座った時に足が浮いたりするとこれほど座りにくいものはありません。またサイズが大きすぎても座れませんし小さすぎても不快です。ほんの小さな事ですが、のちの使い勝手に大きな影響を及ぼしてきます。毎日使っていくものですので慎重に選びたいものです。

■キッチンはスペース不足に気をつけて

キッチンの施工はこだわる人も多いでしょう。キッチンの寿命も長く大事に使えば十数年は持ちます。キッチンは必要不可欠ではありますが、そんなにこだわらなければ一番コストダウンを図れる箇所でもあります。こだわりが強ければ強いほど数百万円とかかかってしまいますが、一般的なものでよければ数十万程度ですむこともあります。キッチンの施行期間はかなり幅はありますが、1日、2日から長ければ1週間ぐらいかかるケースもあります。
キッチンの場合はおおかたスペース不足で失敗します。対面式やL字型など多種多様あり、家のスペースに合うものを中々見つけられないのが原因で、多少無理しても押し込めてしまう人も少なくありません。しかし、その結果使いづらいキッチンになってしまうこともあるので気を付けたい部分です。

■まとめ
リフォームによる水回りの施工は、完成後をイメージしながら計画をすることが大切です。完成後に思わぬ失敗をした人はたくさんいますので施工前から念入りに、業者にビフォーアフターを説明してもらって、納得してから施工に着手される事をおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ