コンテンツ

水のトラブルが起きた時に水道工事を行う業者には資格が必要

水のトラブルが起きて水回りの修理や補修が必要になった際には、業者に依頼しなければならないのですが、気をつけなければならない事があります。それは作業を行う業者はお住まいの地域の水道局が指定した指定業者でなければなりません。水のトラブルが起きた時に慌てて無資格の業者に作業を依頼してしまい、騙されてしまうような事にならないように注意する必要があります。

■指定給水装置工事事業者とは

給水装置の設置などを行う業者には、社内に給水装置工事主任技術者という国家資格を保有している監督者がいる必要があり、これを保有している人が社内にいない場合は無資格業者としてお住まいの水道局から指定給水装置工事事業者の認可を受けることが出来ません。つまり水道工事の作業に着手してはいけないのです。このような業者がお客さんからの依頼を受け作業をしてしまうと違法ということになります。

■資格を保有している業者を確認しておく

水のトラブルが起きた時は慌ててしまい、よく確認せずこのような無資格業者に依頼して騙される人が後を絶ちません。水道工事の資格を持っている業者のホームページには大体、水道局指定工事店 〇〇県 第〇〇号と表記されています。このような表記がされていれば、偽っていない限りきちんとした資格保有業者ですので、安心して作業を依頼することが出来ます。いざ急に水のトラブルが発生した時のために、日頃から安心出来る指定業者をチェックしておいた方がよいでしょう。

■まとめ
水道工事を行うには資格が必要である事をはじめて知った方も多いと思います。水のトラブルは大掛かりな修理に発展することもあり、また作業後も本当にきちんと作業してくれたのかどうか、自分では確認するすべがありません。そのため、信頼できる指定業者を前もって割り出しておき、大きなトラブルにならないよう日頃から細かい点検やチェックをしておきたいものです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ